結婚してからの婚約指輪の扱い方

婚約指輪はどうしているのか

結婚指輪は日常的に身に着ける方が多いですが、婚約指輪に関しては普段身に着けるという方はかなり少ないです。中には結婚した後には一度もつけていないという方もいます。理由としては、大事な指輪となるため汚れや傷をつけたくない、目立つため使いにくいという意見が多くなっています。これから婚約指輪を購入するという男性の方は、セットリングの指輪を購入することで日常的に身に着けてもらいやすくなります。セットリングの指輪とは、名前の通り婚約指輪と結婚指輪を重ねて身に着けることができるようにデザインが施された指輪となり、最近ではこちらも需要が高まってきています。単体でも身に着けることができますし、アレンジも可能となるため、使いどころはたくさんあるようです。

婚約指輪を付けるシーンとは

婚約指輪を日常的に使わないけれども、たまに身に着けるという方も多いです。身に着けるシーンとして挙げられるのは、フォーマルな場所となります。フォーマルな場所であれば目立ってしまう婚約指輪も身に着けていても違和感がありません。フォーマルな場所としては結婚式やパーティ、子供の入学式や卒業式など色々とあるため、婚約指輪を身に着ける機会はたくさんあるかと思います。逆に身に着けないほうが良い場面としては、職場やお葬式、夫の実家への貴省する際などがあります。職場に関しては職業にもよりますが、会社の規則で禁止にされている場合などもあるため、一般的な会社では婚約指輪を身に着けないほうが無難となっています。他にも目立ってしまってはいけない場所などもあるため、そちらの場所に行く際には注意したほうが良いでしょう。

千葉県には、多くのショッピング施設があるため、結婚指輪を千葉で選んでも気に入ったものが見つかる可能性が高いです。